ワンコに傅く飼い主の日々 岡エールちゃん、安らかに

    プロフィール

    MADAMリリコ。      

    Author:MADAMリリコ。      
    里奈 :シーズー(♀)
        1995年11月3日生 
        2008年12月4日没
    リリコ:パピヨン(♀)
        2003年3月18日生
    伶旺: パピヨン(♂)
        2004年12月1日生
        リリコの長男
    エミリ パピヨン(♀)
        2005年11月27日生
        リリコの長女 
    アラン:パピヨン(♂)
         2005年11月27日生
         リリコの三男
         リリコのお里に居候          
    マリカ:パピヨン(♀)
         2008年2月25日生
         お預かり中  

    今日の運勢は?

    カレンダー(月別)

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    記事リスト

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    リンク

    最近のトラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    岡エールちゃん、安らかに

    岡エールちゃんが永眠しました。

    彼女は、私のドッグショー仲間、Mさんの飼い犬でした。
    Mさんのあまりにも突然すぎる死によって、行き場をなくし、岡エールとなったのです。
    本来ならば10歳ちかいゴールデンという大型犬、率先して「私が!」と手を上げる引き取り手はいなかったはずでした。
    それをみこしてか、他の子達の里親捜しをする前に、keikoさんが高齢犬のエールともう一頭、オーストラリアン・シェパードのクリスティを引き取ると申し出てくれました。
    私が一言、
    「Mさんが、亡くなったんですよ。何十頭も犬が残されています。」
    と言ったがために。。。。。。。。。
    Mさんとは、縁もゆかりももちろん面識さえないkeikoさんが、これは捨て置けないと、犬大事さで火中の栗を拾われたわけでした。
    年寄りの大型犬を二頭もなんてたいへんだろうと言う事で、
    そのうちの一頭を引き受けてくれたのが、現エールの飼い主、これまたkeikoさん以上に、Mさんとは何の縁も面識もない岡さんでした。

    Mさんの小型犬は、友人ブリーダーさん達に引き取られていきました。
    友人ブリーダーさんは、大型犬は完全無視。
    オーストラリアン・シェパードという特殊な犬種だったのでなかなか引き取り手が見つからず、ここでも奔走してくれたのはkeikoさんですが、高血統の若い子達は、どうにか引き取り手が見つかり、それぞれのお家へ、旅立って行きました。

    それが2年前の冬の出来事でした。

    ただの犬好きおばさんの私は、ブリーダーさんのしきたりなど何も分からず、しかしkeikoさんや岡さんよりもMさんとは近い関係にあったのに、ただ手をこまねいてみているだけで何も出来なかったことを、今更ながらとても恥じています。



    エールは、ドッグショーで華々しい活躍をした犬だったそうです。
    しかしながら引退後は、沢山の犬を飼育しているなかでありがちなことかもしれませんが、あまり好ましい飼育環境ではなかったようでした。
    全身マラセチア、それに病魔にも冒されていました。

    2年前の春、私は宮崎で初めてエールに対面しました。
    ふかふかのベットにかわいらしいTシャツをきたエール。
    それに時間がくれば楽しそうにお散歩に出かけていました。
    以前の彼女からしてみたら、想像もできないような生活ぶりのようでした。
    病状が進んで体調が悪化してからは、残り少ない日々を悔いなく共に生きようと、精一杯の看病をしてもらっていたようでした。
    肉体的・精神的・経済的にも大変な負担がかかったことかと思われます。

    何も出来なかった、いえやらなかった私が、エールのことを書き綴るのは、ただの自己弁護のようで恥じ入る事なのですが、知って欲しかったんです。
    犬業界と言うのはとかく評判が悪い中、損得抜きで、これほど愛情をかけてくれる人がいることを。
    九州の宮崎には、こんな素敵なペットショップがあることを。

    ペットショップるんるん

    死水をとるために、縁もゆかりも無い病魔に冒された高齢犬を、進んで引き取ってくれました。
    お別れの時が近づいてからは「エールにお礼がしたいのです」と。
    その言葉に、私は深く感銘しました。

    そしてオーナーの岡さんという若き女性と知り合えた事を、誇りに思います。
    さすがkeikoさんの後輩です。

    最後の2年半、今までの不運を一気に取り戻し、幸せな犬生を終えた岡エールちゃん、

    彼女の冥福を祈って 合掌



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kopapi.blog29.fc2.com/tb.php/499-a0f73ffe

     ホーム 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。